分野別で探す

[労働]に関する記事

第2回労働相談懇談会 長時間労働と36協定について学習

2019年04月15日

おおさか労働相談センター事務局次長 宮崎  徹 2019年2月22日(金)午後6時30分より、国労大阪会館で今期2回目となる労働相談懇談会が開催されました。当日は6つの産別組織から15名、5つの地域組織から16名の組合員が参加、弁護士や研究者などを含めると合計45名の参加で、会場はほぼ満席となりました。安倍「働き方改革」への関心の高さがうかがえます。 冒頭、川辺所長は「職場から『安倍働き方...

2019年第1回新人学習会のご報告

2019年03月05日

弁護士 足立 敦史  2019年1月30日、大阪弁護士会館904号室にて2019年新人学習会が開催されました。講師は須井康雄弁護士で、参加者は新人弁護士3名、弁護士3名、組合の方2名、司法修習生2名でした。 須井先生には、「労働相談入門講座」というテーマで講義いただき、労働問題について法律相談を受ける上で注意すべきポイントや確認すべき事項を横断的にお話しいただきました。個々の論点について、司法...

2019年1月 ブラック企業対策! 労働判例研究ゼミ

2019年03月05日

弁護士 清水 亮宏 1 2019年1月の判例ゼミ 2019年1月24日18時30分から、民法協事務所でブラック企業対策! 判例ゼミを開催しました。修習生や新人弁護士の方に多数ご参加いただきました。 今回のテーマは「パワハラ(業務指導の必要性との関係)」です。 2018年は様々な業界でハラスメントが話題となり、ニュース等で頻繁に取り上げられました。法制化に向けた議論も進められているところです...

府労委からの文書要望 ~枚方市・組合事務所事件~

2019年03月05日

弁護士 西川 大史 1 はじめに 2019年2月14日に、大阪府労働委員会は、枚方市職員労働組合が申し立てた不当労働行為救済命令申立に関する実効確保の措置申立につき、被申立人である枚方市に対して、「現在、本案事件が審査手続中であることから、被申立人は、これ以上労使紛争が拡大しないよう、労働組合法の趣旨に従い、適切に対応されたい」と文書による要望書を出しました。 本件は、枚方市が枚方市...

大阪市交通局『ひげ裁判』のご報告

2019年03月05日

弁護士 井上 将宏 第1 はじめに 以前、提訴報告をさせて頂きました大阪市交通局『ひげ裁判』ですが、このたび一審の大阪地裁で勝訴判決を得ました。 この裁判では、地下鉄の運転士に対して、ひげを一律に禁止することとした大阪市交通局(当時)における職員の身だしなみ基準の是非を通じて、本来的に個人の自由に属する行為を一律全面的に禁止する職場内ルールの必要性・合理性が問われてきました。 ...

大阪市労組組合事務所団交拒否事件 府労委勝利命令の報告

2019年03月05日

弁護士 冨田 真平 1 大阪市による、大阪市労組の組合事務所の供与についての団交申し入れに対する団交拒否について、2019年1月2 8日、大阪府労働委員会は、大阪市に対し団体交渉に応じるよう命じる救済命令を出した。 2 大阪市労組の組合事務所の問題については、労働委員会での闘いでは、地労委命令(2012年2月20日)・中労委命令(2015年10月21日)において、大阪市の不当労働行為が断罪...

勝利判決も 「5年で線引き」という特異な判断 ~郵政西日本20条裁判~

2019年03月05日

弁護士 西川 大史 1 はじめに 日本郵便で働く期間雇用社員8名(郵政ユニオンの組合員)が正社員との格差是正を求めた郵政西日本20条裁判で、大阪高裁(中本敏嗣裁判長、橋詰均裁判官、三島恭子裁判官)は、2019年1月24日、年末年始勤務手当、住居手当、祝日給、夏期冬期休暇、病気休暇についての格差が不合理であるとの勝利判決を言い渡しました。 もっとも、本判決は、格差が不合理であると認めた...

2019年権利討論集会を開催しました

2019年03月05日

事務局長・弁護士 須井 康雄  2月16日、エルおおさかで2019年の権利討論集会を開きました。参加者は235名でした。 全体会では、南山大学法学部教授の緒方桂子先生(@Keikolein)に「非正規労働者をめぐる情勢と労働組合の取り組み」をお話しいただきました。 緒方先生は、職場における平等や非正規労働者の均等待遇を研究テーマとされています。権利討論集会の前日に、非正規の職員にも賞与相...

外国人労働者の受け入れ拡大に対する決議

2018年12月8日,外国人労働者の受け入れを拡大する改正出入国管理法が成立した。 同改正法の主な柱は,特定技能1号と特定技能2号という2つの新たな在留資格を規定したことである。 特定技能1号は,特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格である。 特定技能2号は,特定産業分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資...

《書籍紹介》髙岡正美著『財は友なり』 ―― 労働運動と会社再建闘争一筋 “怒り、泣き、笑い”の半世紀

弁護士 奥田 愼吾  著者である髙岡正美さんは、1934(昭和9)年8月生まれ、現在84歳にして現役。 1957(昭和32)年、学生アルバイトとして、総評・紙パ労連関西地協(全国紙パルプ産業労働組合連合会関西地方協議会)の組合書記になってから現在まで約61年間、労働運動と会社再建闘争に身を投じて来ました。 本書は、著者個人の労働運動の記録にとどまりません。戦後の労働運動の一面を映し出すととも...