分野別で探す

[労働]に関する記事

タクシー乗務員の割増賃金請求 洛陽交運事件 大阪高裁で勝訴

2019年06月15日

弁護士 渡辺 輝人 (京都第一法律事務所) 1 事案の概略 本件は洛陽交運株式会社(京都市内では最大手のヤサカタクシーのグループ企業。以下「会社」)でタクシー乗務員として稼働している労働者が、割増賃金の支払いを求めて提訴した事案である。会社には労働組合(原告も加入)があり、以下で説明する賃金制度は、全て労働協約に基づくものであった。 会社の賃金制度の基本部分は、最低賃金水準の月給制...

東リ伊丹工場における「採用拒否」事件で兵庫県労働委員会が救済命令を出す!

2019年06月15日

弁護士 村田 浩治 1 事件の概要 東リ伊丹工場において、東リの主力製品である巾木(床と壁の境界に必ず使用される建築資材)の製造に従事していた下請け会社ライフイズアート(以下「ライフ社」という)の社員は、同社代表者の度重なるパワハラに対抗すべく2015年に連合兵庫ユニオンL.I.A労働組合を結成した。組合は学習する中で、20年以上にわたる偽装請負状態を解消し、東リの雇用責任を追及する方針を...

ワークルール教育推進法の成立に向けて

2019年05月15日

弁護士 清水 亮宏  電通の過労死事件等をきっかけに、若者の中で働き方に対する関心が高まっています。しかし、ワークルールに関する知識や、トラブルに直面した場合の対処法が十分に浸透しておらず、職場で何か困ったことがあったとしても、労働組合などに相談せずに泣き寝入りしてしまう人がほとんどという状況です。基本的なワークルールの知識のみならず、問題が生じたときの解決手段や労働組合の役割を含めた実践的なワ...

Uber Eats (ウーバーイーツ)の 労働問題

2019年05月15日

弁護士 加苅  匠  「UBER EATS」とロゴの入った四角い黒と緑の大きなバッグを背負って自転車を走らせている人々を見かけたことはないでしょうか。彼らは、米配車大手ウーバー・テクノロジーズが手掛ける料理配達サービス「Uber Eats(ウーバーイーツ)」の配達員です。 Uber Eatsとは、スマートフォンのアプリを利用して、近くのレストラン等から料理を注文することができるサービスです...

解雇の金銭解決制度について

2019年05月15日

弁護士 須井 康雄 1 検討会での審議状況 政府は、2015年10月、「透明かつ公正な労働紛争解決システム等の在り方に関する検討会」を設置し、2017年5月に最終結論を出さず、「有識者による法技術的な論点について専門的な検討を加えることが必要」との報告書を取りまとめた。 これを受けて、政府は、2017年12月、「解雇無効時の金銭救済制度に係る法技術的論点に関する検討会」を設置し、20...

過労死防止大阪センター総会 「やりがい過労死を考える」シンポジウム

2019年05月15日

弁護士 西川 翔大 2019年4月25日(木)18時半からエル・おおさかで、過労死防止大阪センター総会・シンポジウム「やりがい過労死を考える」が開催されました。 1 松丸正弁護士の講演 初めに、過労死弁護団全国連絡会議代表幹事である松丸正弁護士の講演がありました。 (1) まず、松丸弁護士は、労基法は「人たるに値する最低限度の法律」であるものの、労基法に違反していない企業でも過労死...

「今、労働組合はどうあるべきか」――「財は友なり」著者 髙岡正美さんを囲んで

2019年05月15日

弁護士 鶴見 泰之 1 2019年4月12日、国労大阪会館で、「財は友なり」の著者である髙岡正美さんの学習会が行われ、40名近くの方々が参加されました。 城塚健之弁護士が開会の挨拶をし、2018年に労働組合の在り方を考えさせられる重要な書籍が2冊出版され、そのうちの1冊は「財は友なり」だと紹介されました。 2 冒頭、髙岡さんから「財は友なり」の執筆経緯が紹介されました。大川真郎弁護士から...

育児休業取得による昇給抑制を 違法と判断 ―― 近畿大学事件 ――

2019年05月15日

弁護士 吉岡 孝太郎 1 はじめに 本件は、育児休業を取得したことにより定期昇給が認められなかった近畿大学の男性講師が、このような対応は育児介護休業法第10条が禁止する「不利益な取り扱い」に該当し、違法無効であるとして、近畿大学に対して、差額賃金相当額等の支払いを求めた訴訟です。 平成31年4月24日、大阪地方裁判所(内藤裕之裁判長)は、近畿大学に対して、約50万円の賠償を命じる判決...

ブラック企業対策! 労働判例研究ゼミ

2019年04月15日

弁護士 足立 敦史 1 2019年3月のブラック企業対策! 労働判例研究ゼミ 2019年3月28日18時30分から、民法協事務所でブラック企業対策! 労働判例研究ゼミが開催されました。労働組合の方や会員弁護士にご参加いただきました。今回のテーマは「休職と復職(特にリハビリ出勤の点について)」です。 2 検討した判例・裁判例 まず、休職と復職の前提知識、特に復職の要件である「治癒」=(休...

2019年第2回新人学習会のご報告

2019年04月15日

弁護士 西川 翔大 1 第2回新人学習会の概要 2019年3月27日、大阪弁護士会館1205号室において、京都第一法律事務所の渡辺輝人弁護士を講師にお招きして「労働時間法制と割増賃金請求実務」というテーマで第2回新人学習会が開催されました。 渡辺弁護士は、労働者側で労働事件に多数関与し、残業代計算ソフト「給与第一」を開発し、最高裁も使用を推奨する「きょうとソフト」の開発にも大きく寄与され...