民主法律時報

宮里邦雄・川人博・井上章夫著『就活前に読む 会社の現実とワークルール』旬報社刊

推薦者・弁護士 河 村 武 信

 
 この書物を贈られ、サーッと目次に目を通す。こんな書物が欲しかったのだ。就活前に読んでほしいとの著者の願いはよくわかる。ただ、中・高生の教科書を読んで驚くべきは、労働法や労働組合などに関する記述がいかに少なく、且つ、社会教育の場でも労働者が労働法や労働契約、労働組合の基本的な知識や理解をすすめる機会は殆んど無いと言っていい状況にある。
 就活に際し、学生は充分な情報を得た上で、就職先を選択しているのだろうか。働く者の権利や労働条件に関するルール(ワークルール)の基本知識をもって、就活に入っているのだろうか。
 著者らはこのような実情や問題意識をもって、この書物を著している。だから有名企業で何が起こっているか。働く者の身を守るすべとしてのワークルールをリアルに、且つ平明に解き明かしている。
 日本労働弁護団を担っていると言っていい3人の弁護士の方々は、働く者の立場に立ちきって、その弁護活動をすすめてこられた。現実を、実際をよく知っているから、指摘されているポイントはまさに正鵠を射ている。読みながら、何度もうなづく。そうなんだ!!
 人間らしい働き方を実現すること。それには学習しなければならず、また、労働組合は新しい組合員を獲得し、教育しなければならない。この書は、新書版。150頁程度で読みやすく、値も987円と手頃。ガイダンスとして好著である。ご一読を乞う。
 注文は 旬報社 Tel 03-3943-9911 Fax 03-3943-8396
                         E-mail  info@junposha.co.jp

PAGE TOP