分野別で探す

[国際]に関する記事

安全保障関連法案(戦争法案)の廃案を求める決議

 安倍政権は、今国会に安全保障関連法案を提出し、すでに衆議院において強行採決され、現在、参議院で審議されている。異例の長期間の会期延長で今国会での法案成立が狙われている。 本法案は、わが国への直接の武力攻撃が行われていないにもかかわらず自衛隊による武力の行使を可能とし、また、自衛隊の海外での活動についての地理的な制限や「非戦闘地域」の限定を取り払い、その活動の範囲・内容を大幅に拡大するものである...

安全保障関連法案(戦争法案)の衆議院における強行採決に抗議する声明

2015年7月16日 民 主 法 律 協 会 会長 萬井 隆令  安倍内閣の与党である自民党及び公明党らは、2015年7月16日、衆議院本会議において、安全保障関連法案を強行採決した。  本法案は、わが国への直接の武力攻撃が行われていない段階でも自衛隊による武力の行使を可能とし、また、自衛隊の海外での活動についての地理的制限や「非戦闘地域」の限定を取り払い、その活動の範囲・内容を大幅に...

日弁連 アメリカの労働時間法制・最低賃金運動調査

2015年05月15日

弁護士 塩 見 卓 也  2015年1月24日から2月1日の日程で、日弁連貧困問題対策本部の調査団の一人として、アメリカの労働時間法制、最低賃金運動の調査に行ってきました。 この調査は、安倍政権の「規制改革実施計画」に従えば、今年の3月には「残業代ゼロ制度」の法案が出てくるであろうことを見越し、政府のいうところの「高度プロフェッショナル制度」のモデルであるホワイトカラー・エグゼンプション(WE...

姿を現した集団的自衛権関連法案

2015年05月15日

弁護士 藤 木 邦 顕 1 安保法制を巡る現状と法改正・新規立法の現状と概要に関して  2014年7月1日、安倍内閣は閣議決定によって集団的自衛権を認めることを表明し、2015年3月20日には「共同文書(安全保障法制整備の具体的な方向性について)」が与党間で確認された(以下与党合意という)。これに基づいて、5月14日にも法案が閣議決定されて今国会に上程される運びである。今国会の会期末は6月...

「人質事件から考える」――大阪弁護士9条の会・緊急学習会

2015年04月15日

弁護士 愛 須 勝 也 1 ムスリムの方もゲスト参加 大阪弁護士9条の会では、2015年3月6日、ジャーナリストの西谷文和さんを講師に「人質事件から考える」というテーマで、緊急学習会を開催した。当日は、シリア難民のユーセフさんもゲストで参加してくれ、西谷さんと一緒にシリアの情勢をお話ししていただいた。 ユーセフさんは、シリアのアレッポ出身。アレッポには世界遺産がたくさんあり、ユーセフさん...

アジア太平洋法律家会議(COLAPⅥ)に参加しませんか

2015年02月20日

弁護士 田 中   俊  「COLAP」って聞いたことがないかもしれませんが、The Conference of Lawyers in Asia Pacificの略で、アジア太平洋地域で平和・人権に取り組んでいる法律家が一同に集まる国際会議のことです。 2015年6月25日~27日にネパールのカトマンズで第6回のCOLAPが開かれます。今まで、ニューデリー1988年、大阪・東京1993年、ハノ...

戦争する国づくり・憲法を破壊する法制化を許さない決議

 2012年4月に公表された、自民党の日本国憲法改正草案は、侵略戦争の反省を投げ捨て、平和的生存権を否定し、国防軍の全面展開によって恒久平和主義を否定して戦争をする国へ転換するもので、現憲法の理念を根底から覆すものであった。  2012年12月に発足した安倍政権は、この改憲草案を実行に移すべく、「戦争する国」づくりを強引に進めてきた。  当初は、憲法第96条の憲法改正発議要件を緩和する議論を始...

大阪弁護士会主催市民集会 「日本はどこへ向かうのか?――秘密保護法・集団的自衛権・共謀罪を考える」開催

2014年11月14日

弁護士 向 井 啓 介 1 7月6日の野外集会以来の大規模な市民集会 2014年10 月30日午後6時30分から、中之島公会堂の大ホールにて、大阪弁護士会が主催し、日弁連が共催するかたちで市民集会を行いました。弁護士会としては、7月6日に扇町公園にて行った6000人規模の野外集会以来の大規模な市民集会の開催となりました。 2 問題意識を広める訴え 集会の冒頭、鎌倉利光大阪弁護士...

憲法学から見た集団的自衛権――集団的自衛権連続研究会第2回・森英樹先生の報告

2014年11月14日

弁護士 宮 本 亜 紀 1 連続研究会の開催 民法協、自由法曹団大阪支部、青法協大阪支部、大阪弁護士9条の会が共催で、著名な学者を講師に、集団的自衛権の連続研究会を企画しました。第2回目は、憲法学の森英樹先生(名古屋大学名誉教授)を迎えて、2014年10月6日に北浜ビジネス会館にて行いました。 第1回は、前号ニュースにて報告した通り、国際法学の松井芳郎先生で、国連体制を改めて学び、権利と...

国際法学から見た集団的自衛権――集団的自衛権連続研究会第1回

2014年10月15日

弁護士 宮 本 亜 紀 1 連続研究会の開催  民法協、自由法曹団大阪支部、青法協大阪支部、大阪弁護士9条の会が共催で、著名な学者を講師に、集団的自衛権の連続研究会を企画しました。第1回目は、国際法学の松井芳郎先生(名古屋大学名誉教授)を迎えて、9月29日に北浜ビジネス会館にて行いました。  昨年12月6日に特定秘密法強行採決、今年7月1日に解釈改憲で集団的自衛権を認める閣議決定という安...