分野別で探す

[国際]に関する記事

オスプレイは憲法違反―そして、許せぬアメリカの治外法権―

2013年10月25日

弁護士 橋 本   敦 1 オスプレイは明白な憲法違反  「オスプレイ来るな! あいば野大集会」(10月6日)は、全国各地から1000名をこす参加者が結集し、意気高き国民的抗議集会となった。「オスプレイ反対!」の声は、今、沖縄をはじめ日本中に高まっている。  オスプレイの配備は、米海兵隊の先制攻撃・戦闘能力を飛躍的に向上させ、最強の遠征兵力にするのである。  防衛省が公表した「オスプレイの...

9条世界会議関西2013大成功  戦争のない世界の盛り上がり

2013年10月25日

弁護士 徳 井 義 幸 1 はじめに   2008年にも開催された9条世界会議が、第2次安倍改憲内閣による執念ともいうべき改憲志向の動きの加速のもとで、去る10月13日には9条国際会議(於関西大学)、14日には9条世界会議(於大阪市中央体育館)という形で、のべ5500人の参加をもって成功のうちに閉幕しました。大阪では、この9条世界会議を成功させようと「法律家の会」が結成され、プレ企画(元芦屋市...

9条世界会議・関西 プレ企画 北村春江さん講演会

2013年08月30日

弁護士 西 川 大 史 1 はじめに 2013年10月13日、14日には、9条世界会議・関西が大阪で開催されます。9条世界会議関西2013を成功させる法律家の会では、8月19日に、9条世界会議のプレ企画として、北村春江さん(弁護士・元芦屋市長)を講師にお迎えし、「戦争につながる道に一歩でも踏み込んだら、後は泥沼」というテーマで講演をいただき、約80名が参加されました。 2 北村春江さ...

憲法96条の発議要件緩和及び集団的自衛権行使容認の解釈改憲に反対する決議

 日本国憲法96条は、憲法改正手続について、各議院の総議員の3分の2以上の賛成による発議を経て、国民投票での過半数の賛成による承認を必要とするとして、法律案等に比べて、厳格な要件を定めている。それは国民の基本的人権の擁護を最大の価値として国家権力に縛りをかける立憲主義からの帰結であり、憲法96条は、憲法の最高法規性等の条項と一体のものとして、憲法保障の重要な役割を担うものである。  自民党が20...

「9条世界会議関西2013を成功させる法律家の会」の報告

2013年07月25日

弁護士 中 森 俊 久  2008年、幕張メッセにおいて9条世界会議が開催されてから5年が経過した。昨年4月に発表された自民党の改憲草案や、同年12月の安倍内閣の誕生、最近の憲法論議の中で、憲法を守り活かす運動の全国的な広がりが今ほど求められている時期はないといえる。  そうした状況のもと、10月14日に9条世界会議が再び開催される。しかも、「9条世界会議関西2013」と称して、大阪...

2013年権利討論集会を開催

2013年02月25日

事務局長・弁護士 増 田   尚  2月9日、10日の2日間にわたって、南港にある大阪アカデミアにて、2013年権利討論集会が開催されました。234名の方に参加いただき、盛会のうちに終えることができました。  全体会の記念講演では、東洋経済新報社の記者である風間直樹さんをお迎えして、「『雇用融解はどこまで進むのか』~新政権の向かう先~」と題し、深刻化する雇用情勢と、安倍第2次政権のねらいをお話...

求められるILO条約・勧告の遵守  JAL裁判控訴審勝利をめざす12.18学習決起集会

2013年01月15日

 JAL不当解雇撤回裁判原告 西 岡 ひとみ  新年明けましておめでとうございます。  いつもご支援をいただき、本当に有難うございます。  私達原告団は昨年3月、東京地裁での「解雇は有効」との判決を受けまして、4月に東京高裁に控訴いたしました。  第1回控訴審はパイロットが昨年12月6日、客室乗務員は12月14日行われ、第2回の期日はそれぞれ、2月7日、3月1日となっております。  高裁...

最高裁よ、今こそ自らのあやまりの歴史を正す勇気をもて――レパ裁判 上告審のたたかいにあたって 〈新年の所感〉

2013年01月15日

 弁護士 橋 本   敦  レッド・パージ――それは言うまでもなく、思想・良心の自由を侵害する許されざる人権侵害である。  わが憲法第19条が宣言する「思想及び良心の自由」は、国民がひとしく保有する基本的人権の中核をなすものである。  新しい年を迎えて今、私はこの国民の基本的権利をまもりぬく決意を新たにする。  かつて西ドイツのハイデッカー大統領が「過去の歴史を正しく見ない者は、未来にも盲...

ジョン・ニコルス著『市民蜂起  ウォール街占拠前夜のウィスコンシン2011』

大阪・日本の労働者・市民への呼びかけにどう答えるか 評者・弁護士 小 林 保 夫  私の親しい友人である梅田章二さん・喜多幡佳秀さん監訳、おおさか社会フォーラム実行委委員会日本語版編集による標記の著作が出版された。 本稿は、私の切実な読後感を踏まえて、みなさんにこの著作を紹介し、購読をお勧めするものである。 1  本書の概要  ――公務員労働者の団体交渉権を守るためのウイスコンシン州市...

憲法も国民の安全も踏みにじるオスプレイ――日米安保の黒い影

2012年11月26日

弁護士 橋 本   敦 1 オスプレイに湧きおこる国民の怒り  たび重なる事故をおこして「未亡人製造機」とまで呼ばれている危険なオスプレイが、ラムズフェルド米国防長官も2003年の視察で「世界で最も危険な基地である」と認めたその沖縄の普天間基地に国民の大きな反対を押しきって強行配備された。そして、「学校を含む人口密集地の飛行は極力避ける」「ヘリモードは基地内に限る」などの日米合同委員会で合...