6/16「まともな働き方実現! ~安倍式働き方改革のウソ・マコト」法律団体共催集会

2017年04月25日

■日時:2017年6月16日(金)18:30~(開場18:00)
■会場:エル・おおさか南館5階 南ホール
■基調講演:「働き方改革の裏側~労働法なき労働への暴走」東海林 智さん(毎日新聞社新潟支局長)
■情勢報告、国会議員からのアピール、各分野からの報告など
■参加無料、申込不要
■共催:大阪社会文化法律センター、大阪労働者弁護団、大阪民主法曹協会、自由法曹団大阪支部、青年法律家協会大阪支部、日本労働弁護団大阪支部、民主法律協会、連合大阪法曹団

★安倍政権の「働き方改革」に対抗し、“まともな働き方”の実現を要求する★
本年3月28日、安倍政権は「働き方改革実行計画」を決定し、同一労働同一賃金、長時間労働是正のための法制化等を進めるとしています。

しかし、その中身を見ると、賃金格差容認、過労死ラインの長時間労働容認等、大きな問題のあるものが多数含まれています。かえって、高度プロフェッショナル制度(ホワイトカラー・エグゼンプション)創設や企画業務型裁量労働制の大幅拡大を内容とする労基法改悪を早期成立させるとしています。さらに、政府は、解雇の金銭解決制度の法制化を推進しています。

安倍政権任せでは、“まともな働き方”が実現するどころか、かえって労働者の権利が後退することになりかねません。

本集会では、毎日新聞社新潟支局長の東海林智さんをお招きし、安倍政権「働き方改革」のウソとマコトを明らかにしたいと考えています。
会場を埋め尽くし、“まともな働き方”を求める労働者の声を上げていくことが必要です。多くの方のご参加をお待ちしております。

案内チラシはこちら