分野別で探す

[平和・民主主義]に関する記事

教育基本条例案・職員基本条例案の撤回・不提出を求める決議

 松井一郎大阪府知事は、大阪維新の会が大阪府議会に提出した「教育基本条例案」・「職員基本条例案」を「修正」し、また、橋下徹大阪市長も、同内容の条例案を28日から開会する大阪市会に提出すると報じられている。  「教育基本条例案」は、教育目標の設定権限を首長に付与し、公教育に政治が介入することを容認するもので、教育基本法16条に反する違法な条例案である。同条例案は、政治的に教師と生徒・児童に競争を押...

思想・良心の自由、労働基本権を踏みにじる調査の即時中止等を求める声明

2012年02月13日

 橋下徹大阪市長は、9日、野村修也市特別顧問に「労使関係についての調査」を指示するとともに、全職員に対し、アンケートによる同調査に回答するよう職務命令を発した。同調査の目的は、「市の職員による違法ないし不適切と思われる政治活動、組合活動などについて、次々に問題が露呈して」いることから、「労使関係の適正化」を図るためであるという。市の職員が地方公務員法などの関係諸法令に定められた服務規律を遵守すべき...

レッド・パージ裁判に重要な転機となるか―大阪高裁・控訴人らの国に対する調査嘱託の申立を容認―

2012年01月16日

                      弁護士 橋 本   敦 1 はじめに  不法な思想弾圧のレッド・パージの嵐が吹き荒れてから60年、その長い苦難の日々に耐えて、もはや90才となる3名の犠牲者らが、「生きているうちに名誉回復を」と切実な要求をかかげて立ち上げたレッド・パージ裁判に対し、平成23年5月26日神戸地裁は「原告らの国家賠償の請求はすべて棄却する」との判決を下した。 ...

原爆症認定集団訴訟勝訴判決

2012年01月16日

                              弁護士  中 森  俊 久 1 2011年12月21日の判決の内容   2011年12月21日、大阪地方裁判所第2民事部(山田明裁判長)は、原爆症認定集団訴訟近畿第3次訴訟に関し、未認定原告5名のうち4名の却下処分を取り消す勝訴判決を言い渡した。これにより、原告7名中6名までが認定された。1名については、残念ながら、申請疾病に対する治...

韓国市民が求める―もうひとつの韓流― 康宗憲氏講演報告

2011年12月26日

 弁護士 有 村 とく子 1 世界の民主化に学ぶシリーズ第1弾としての学習会  国際交流委員会では、2011年11月22日、世界の民主化運動に学ぶ企画の第1弾として、康宗憲さんを講師にお招きし、韓国における民主化運動の成果と未来への課題についてお話を聴く集いを持ちました。インターネットのUstreamを通じて実況中継もされました。  2 軍事独裁政権下で大学生活を送り、国家保安法違反で死...

大阪空襲訴訟1審判決のご報告― 敗訴ですが一定の成果を得ました―

2011年12月26日

               弁護士 大 前  治  2011年12月7日、「大阪空襲訴訟」の判決が言渡されました(大阪地裁第17民事部、黒野功久裁判長)。  この裁判は、66年前の空襲で被害を受けた23名の原告が国に対して謝罪と補償を求めたものです。  提訴は3年前の12月8日(日米開戦の日)。その後、最終弁論まで法廷は11回開かれました。原告14名と証人(水島朝穂教授、直野章子准教授)の...

2条例案撤回を求める府民集会

2011年12月26日

弁護士 楠  晋 一 1 集会の様子  2011年12月7日に、中之島の中央公会堂大ホールで、「憲法と民主主義まもる府民共同の力で『教育基本条例案』と『職員基本条例案』の撤回を求める府民集会」が開催されました。当日は1400人を越える人が参加し、会場には立ち見の人があふれ、用意した資料がすべてなくなってしまうほどの盛況ぶりでした。  集会も、現役高校生の発言から弁護士、大阪府の現役職員、実際...

「原発ゼロの会・大阪」発足の集い報告

2011年10月26日

弁護士 喜 田 崇 之 はじめに   平成23年10月15日午後6時30分より、「『原発ゼロの会・大阪』発足の集い」が、エルおおさか南館5階で開かれました。同会は、立命館大学名誉教授安斎育郎氏、ジャーナリスト大谷昭宏氏等、様々な著名人が呼びかけとなり、大阪から原発ゼロの取り組みを行い、全国の団体と反原運動を目的とするものです。  「集い」には、総勢300人以上の方が参加...

日の丸・君が代強制処分条例に反対するつどい

2011年09月28日

弁護士 笠 松  健 一  2011年6月3日、大阪府議会で、府の施設での日の丸の掲揚と学校の行事において教職員に君が代の起立・斉唱を義務付ける「大阪府の施設における国旗の掲揚及び教職員による国家の斉唱に関する条例」が、単独過半数を占める「大阪維新の会」によって強行採決されました。そして、維新の会は、9月20日から始まる大阪府議会に、教職員が君が代の起立・斉唱を強制する職務命令に違...

「教育基本条例案」「職員基本条例案」を許さない9.6府民集会報告―さらなる公教育破壊と強権政治を許さないために2条例は撤回しかありません

2011年09月28日

 大阪教職員組合副委員長 末 光  章 浩  9月6日(火)エルおおさか大ホールで、標記府民集会が教育文化府民会議、民法協、大教組など8団体の主催で開催されました。当日は、チラシや新聞、インターネットで知った府民がかけつけ、用意した資料1000部がなくなり、ロビーにまで溢れるほどの人で埋め尽くされました。集会は2条例撤回を求める熱気と橋下「大阪維新の会」の横暴への怒りに満ちた素晴らしい内容で...