分野別で探す

[市民生活]に関する記事

1.23 子どもを守る取り組みを進める大阪市民交流集会のご報告

2013年03月25日

弁護士 高 橋 早 苗  1月23日、「子どもを守る取り組みを進める大阪市民集会」が、アネックス・パル法円坂にて開催されました(主催は、大阪市学校園教職員組合、2条例制定を許さない大阪連絡会、子どもと教育・文化を守る大阪府民会議)。当日は学力テスト結果公表や、教育や学校をめぐる大阪市の状況についての報告がなされるとともに、各区における取り組みの報告と交流がなされました。また、最後に体罰による生徒...

書籍紹介 『高速ツアーバス乗務員は語る 家族は乗せたくない!』自交総連大阪地連編

紹介者・自交総連大阪地連 松 下 末 宏  東京―大阪間で4000円。このような低下価格への驚きもなくなり、すでに激安バスの存在は当たり前になりつつある。しかし、苛酷な労働が低価格を支えていると、本書は指摘する。  とくに、問題となった高速バスツアーを含む貸切バス運転者による座談会は生々しい。運転中に宿泊先に電話をせざるえないほどの過密なスケジュールが居眠り運転を招く。語られる労働実態は深刻だ...

「大阪過労死家族の会」が「第12回大阪弁護士会人権賞」を受賞!

2013年02月25日

弁護士 岩 城   穣 1 「大阪過労死を考える家族の会」(略称:大阪家族の会)は1990年(平成2年)12月8日結成され、満22年を迎えた。1988年(昭和63年)に「過労死110番」が開設され、過労死の相談や労災申請が激増する中で、過労死遺族同士が互いに励まし合い協力し合って、過労死遺族・本人の救済と、過労死の予防に取り組むことを目的として、当時相談中や労災申請中の過労死遺族17家族、約60...

中小零細事業主のための独禁法研究会の新人歓迎学習会が行われました。

2013年02月25日

弁護士 岩 佐 賢 次  2013年2月6日、大阪弁護士会館にて、中小零細事業主のための独禁法研究会(以下「独禁法研究会」といいます。)の新人歓迎ガイダンス(学習会)が行われました。今年の参加者数は弁護士登録して間もない新65期を中心とする弁護士20名、66期司法修習生13名が参加し、弁護士会館510号室は、開始時刻の午後6時半には満席となり、他の会議室から椅子を借り出す必要があるほど盛況でした...

2013年権利討論集会を開催

2013年02月25日

事務局長・弁護士 増 田   尚  2月9日、10日の2日間にわたって、南港にある大阪アカデミアにて、2013年権利討論集会が開催されました。234名の方に参加いただき、盛会のうちに終えることができました。  全体会の記念講演では、東洋経済新報社の記者である風間直樹さんをお迎えして、「『雇用融解はどこまで進むのか』~新政権の向かう先~」と題し、深刻化する雇用情勢と、安倍第2次政権のねらいをお話...

朝が来なければ夜は永遠に続く 〈2013年新年のごあいさつ〉

2013年01月15日

会長 萬 井 隆 令  どこに向けて良いのか判らない憤りや落胆を感じながら、総選挙の開票速報を見ました。ただ、議席数には大差がつきましたが、比例代表区では総数180議席のうち自民党は  議席( 31.7%)でしかなく、反対に、小選挙区では当選者のなかった共産党が8議席(4.4%)、2議席の未来が7議席(3.9%)を得ています。いかに、小選挙区制が制度として民意を反映しない不公正な制度か、を物語っ...

2013年権利討論集会のご案内

2012年12月20日

事務局長 増 田   尚  今年も権利討論集会の季節が近づいてきました。  この1年、大阪では、文字どおり、橋下市長・「維新」の暴風とのたたかいに明け暮れました。彼らは、思想調査というべき職員アンケートなどの職員や労働組合に対する攻撃に見られるように、法も権利も徹底的に破壊し、社会保障を切り捨て、地方公共団体のリソースを企業活動に集中しようと画策し、地方自治を根本から変質させようとしています。...

働き方ネット大阪第17回つどい「アカンやないか!? 今の働き方と貧困」

2012年12月20日

弁護士 中 西   基  11月30日、働き方ネット大阪の第17回つどい『アカンやないか!? 今の働き方と貧困』がエル・おおさか南館ホールにて開催されました。約100名が参加しました。  今回のつどいは、AIBOが呼びかける「“変える”に参加する10日間~大阪ええじゃないか~」の企画の一環としても位置づけられました。  まず、第1部では、小久保哲郎さん(弁護士・生活保護問題対策全国会議事務局...

ジョン・ニコルス著『市民蜂起  ウォール街占拠前夜のウィスコンシン2011』

大阪・日本の労働者・市民への呼びかけにどう答えるか 評者・弁護士 小 林 保 夫  私の親しい友人である梅田章二さん・喜多幡佳秀さん監訳、おおさか社会フォーラム実行委委員会日本語版編集による標記の著作が出版された。 本稿は、私の切実な読後感を踏まえて、みなさんにこの著作を紹介し、購読をお勧めするものである。 1  本書の概要  ――公務員労働者の団体交渉権を守るためのウイスコンシン州市...

憲法も国民の安全も踏みにじるオスプレイ――日米安保の黒い影

2012年11月26日

弁護士 橋 本   敦 1 オスプレイに湧きおこる国民の怒り  たび重なる事故をおこして「未亡人製造機」とまで呼ばれている危険なオスプレイが、ラムズフェルド米国防長官も2003年の視察で「世界で最も危険な基地である」と認めたその沖縄の普天間基地に国民の大きな反対を押しきって強行配備された。そして、「学校を含む人口密集地の飛行は極力避ける」「ヘリモードは基地内に限る」などの日米合同委員会で合...