民主法律時報

2012年10月号

原発ゼロの会・大阪発足1周年記念のつどい―わたしたちが主権者だから。―

原発ゼロの会・大阪会員 片 方 真佐子

 《世界一受けたい授業》
2012年10月7日、大阪市内で原発ゼロの会・大阪発足1周年記念のつどいが開かれました。会場は800人を超える人々でいっぱいに。記念講演では立命館大学名誉教授の安斎育郎さんが講演。冒頭、「今日は理科の話と社会の話をします。でも、理科の話ばかりしていても原発はゼロになりません」と切り出しました。「話の4割」として話した放射能防護学の専門家としてのお話では、福島県・東北の農産物について紹介。福島県産また東北産というだけで売れない状況があります。けれども、カリウム40などの放射性物質は天然で存在し、放射能のまったくない生活というのはそもそもありえない。岩手県産の牛肉の例を出し、1㎏ あたり6ベクレル以下の牛肉、「安斎育郎ならすべて買い占めたい」。では、政府基準はいくらかといえば、1㎏ あたり100ベクレル以下。この事実を知らずに、福島県産、東北産というだけで恐れ、政府基準に安心する状況に対し、「産地で恐れず、科学的な実態で対応するべき」と呼びかけました。社会の話では、原発開発と核軍備競争の関係、「平和利用」という名の下で推進されていった原発普及の歴史を説明しました。安斎さんは国民が主権者であることをたびたび強調しました。今、日本人の中に現われている「水戸黄門症候群」「鉄腕アトム症候群」にちょっと心配。「英雄まかせ」は危うい。全部英雄が解決してしまうのが日本の物語の常だが、現状で言えば、「野田がダメなら橋下」待望論ではいけない。冷静に、主権者である国民が権利を行使してこの国をいい国にしていかなければならない――これが一番言いたいことだと話しました。

 《国は原発を持つ資格はない》
集会では、ゲストからスピーチが行われました。
福島県から避難している車田麻美さんは1歳半の小さな子を抱え、放射能から逃げながら高槻市へ。震災後、自宅に住めず、原発から40㎞ 離れた実家に避難。周りの人々は町の独自判断で支給した安定ヨウ素剤を持っていました。けれども、車田さん親子は避難した町に住民票がないという理由で安定ヨウ素剤がもらえませんでした。「国の責任で対応してもらえていたら」、「小さな子に無駄に被爆をさせたと考えると気が狂いそうだった」、「国は原発を持つ資格はないと実体験から感じた」。車田さんの言葉から強い悔しさと憤りが伝わってきました。

 《金曜日は関電前へ》
もう一人のゲストスピーカーは毎週金曜日に関西電力前で抗議行動を行っているTwit No Nukes大阪の横山純さん。「原発いらない」「再稼動反対」などの短いコールが特徴の金曜日関電前包囲行動。初めて行動に参加する人たちにも分かりやすいように、短いコールの形をとっていると説明しました。「古くから運動をしている人にはなじみがないかもしれません」と話しながら、ぜひ、ずっと運動してきたみなさんも一緒に金曜日の行動に参加してくださいと、呼びかけました。

 《原発ゼロの思いは各地でも》
そのほか、15の地域の原発ゼロの会から1分間スピーチと原発ゼロへのメッセージを伝える写真がスライドで紹介されました。また、主催者である原発ゼロの会・大阪の中村毅事務局長から報告と提案が行われました。原発ゼロの会・大阪は現在130団体、1616人が参加。会員はいまも募集中。ぜひ会員になってほしいと呼びかけられました。
今年の3月11日、原発ゼロの会・大阪が主催した扇町集会では8000人が集まりました。大阪でもこれだけの多くの人が原発をなくすために何かしたい、そういう思いの表れだと思いました。

 《平和に生きたいだけなんだ》
 集会で司会をしていると、800人や8000人などというたくさんの人々が「原発いらない」の赤いメッセージボードをいっせいに掲げているのをカメラと同じ目線で見る機会があります。本当に、圧倒されます。6・29首相官邸前包囲行動(20万人)、9・9オスプレイ配備反対沖縄県民集会( 10万人)――こんな光景が最近増えた気がします。
先月、私は中央社会保障推進協議会主催の中央社保学校という研修に参加し、国民健康保険の歴史を学び直しました。国民皆保険制度で誰もがいつでもどこでも医療を受けられるようになった、そんな制度が確立された1961年の背景には、安保条約改定への反対運動など大きな市民運動、学生運動があったことを再認識しました。
原発もオスプレイもTPPも消費税もいらない、一見バラバラに見える要求が、本当は平和に生きたいだけなんだと気づきました。そういえば憲法ってそんなことが書いてあったかも、と改めて思います。主権者ひとりひとりが作りだす社会になれば。岩手の実家の母が、震災後「あなたは大阪に行っててよかったわ」と言っていたのがとても悲しく思われた昨年。大阪でできることをやりたいです。

韓国ドキュメンタリー「塩花の木々 希望のバスに乗る」上映会の報告

弁護士 下迫田 浩 司

 2012年9月28日、民法協国際交流委員会などが呼びかけ団体となって、韓国ドキュメンタリー「塩花の木々 希望のバスに乗る」上映会をドーンセンターで開催しました。
 国際交流委員会は、昨年来、韓国の民主化運動に学ぶ企画を細々と続けてきましたが、今回は、大々的に他の団体・個人等にも呼びかけて実行委員会をつくり、みなさまの宣伝活動のおかげで、250人くらいの方々が、上映会に来てくださいました。

 このドキュメンタリー映画は、昨年、韓国で実際に起こった凄まじい闘争を記録したものです。
 韓国の大手企業の一つである造船会社「韓進(ハンジン)重工業株式会社」では、  年以上にわたって整理解雇が行われていました。解雇通告を受けた労働者たちは闘いを続けましたが、会社の不誠実な対応が続き、自殺者が20数名にのぼりました。
 2011年1月6日、キム・ジンスクさんという一人の女性労働者が高さ35メートルもの巨大クレーンに登りました。労働組合として長期のストライキを構えても整理解雇を阻止できず、追い詰められて最後の手段としてクレーンに登ったのです。目的は、400名の労働者の整理解雇撤回を広く世の中に訴えることでした。
 しかし、なかなかニュースでも取り上げられず、半年近くは孤立してクレーンでの籠城を続けていました。
 そんな中、彼女がツイッターで訴えかけたクレーン上からの叫びが、徐々に市民の間に広がっていき、ついにクレーン籠城後157日目に、約700人の市民が「希望のバス」に乗ってクレーンの下まで応援にかけつけました。
 その後も、第2次、第3次、第4次、第5次の「希望のバス」で、毎回1万人近くの市民がかけつけました。この「希望のバス」の正式名称は、「整理解雇と非正規職のない社会を目指す『希望のバス』」というそうです。この「希望のバス」に乗って支援にかけつけた人たちは、労働組合などの組織的な人に限らず、一般の市民で個人的にキム・ジンスクさんの闘いに共鳴した人たちがたくさんいました。日本からも、この闘いに共感して韓国まで行って、「希望のバス」に乗って応援にかけつけた人たちがいます。
 2011年11月10日、韓進重工業からの暫定合意案が労働組合で可決され、ついにキム・ジンスクさんは、自らの足でクレーンから降りました。
 「塩花の木々 希望のバスに乗る」という映画は、この成り行きをリアルタイムで撮影し続けたオ・ソヨン監督によって作られたものです。なお、「塩花の木々」とは、労働者の背中に広がる汗の結晶をキム・ジンスクさんが「塩の花」と表現し、労働者を「塩の花を咲かせる木」にたとえたものです。

 上映会当日は、オ・ソヨン監督にも、韓国から来日していただき、ドーンセンターの会場で、質疑応答などをしていただきました。
 オ・ソヨン監督のインタビューの中で私が印象に残った言葉は(メモしたわけではないので正確ではないかも知れませんが)、「『希望』の反対は、『絶望』ではなく、『無関心』だと思います。」「希望が見えていてそれに向かって闘うのではなく、希望がハッキリとは見えていなくても、闘っていくうちに希望が見えてくることがあると思います。」という言葉です。
 日本における私たちの闘いの中でも、なかなか具体的な展望や希望が見えない中で闘っていかざるを得ない局面がたくさんあります(というか、そのような局面ばかりかも知れません)。具体的な展望が見えないから闘わないのではなく、闘っていく中で希望が見えてくることもあるということを、オ・ソヨン監督を通じて、キム・ジンスクさんから教えていただきました。

 キム・ジンスクさんも、本当に、具体的な展望など全くないまま、クレーンに籠城したと思います。韓国では、このような場合、最後、自殺で終わってしまうという悲劇的なことが多いので、キム・ジンスクさんも、覚悟して、身辺をきれいに整理してから、クレーンに登ったそうです。「希望のバス」に乗った市民の方々も、自分たちがバスでクレーンまでかけつけて、いったいどれだけの効果があるのか、具体的な展望など全くなかったと思います。それでも、市民一人ひとりが、もしかしたら自分も少しは力になることができるかも知れないと思って、「希望のバス」に乗ったのです。その一人ひとりの小さな力が積み重なった力は、結果的には、とても大きな力になりました。キム・ジンスクさん一人の闘いだけでは到底なし得なかった成果を、無名の一人ひとりの力が成し遂げたのです。

 韓国で昨年起こった、この大きな闘いから、私たちは学び取ることがたくさんあると思います。
 それと同時に、今回、この上映会に多くの人々の協力により、約250人もの方々が集まってくれました。この連帯の力を、今回の上映会だけで終わらせるのは勿体ないと思っています。
 とりあえず、11月1日(木)午後6時30分から8時ころまで、女性共同法律事務所4階404号室にて、実行委員会の会議を開催し、上映会を振りかえり、今後の活動について話し合う予定です。これまで実行委員会に出席されたことがない方の出席も大歓迎です。

書評 「橋下『大阪維新』と国・自治体のかたち」

国政進出を企む橋下・維新の会への反撃の書

評者・弁護士 増 田   尚

 橋下徹・大阪市長は、9月、国政進出の母体となる政党「日本維新の会」を立ち上げ、「近いうち」に行われるとされる総選挙に向けて活動を始めた。その綱領(と呼ぶにはあまりに未成熟だが)となる「維新八策」には、橋下市長が地域政党「大阪維新の会」として強行してきた大阪府・市における様々な政策や制度を国の法制度にまで押し上げることがうたわれている。特に、行財政「改革」や、職員基本条例をはじめとする地方公務員制度、教育関係条例に見られる公教育「改革」については、大阪をモデルケースとして法制化することとされている。

 日本維新の会に対しては、「決められない」民主・自公の政治に対するアンチテーゼとして、閉塞した経済状況を打開する救世主として、バブル的ともいわれる期待が寄せられていたが、徐々にそのバブルもはじけつつある。しかし、今なお、橋下市長のメディア戦略は奏功しており、高い人気を維持している。民主勢力の批判も、いきおい、その政治手法に集中するが、橋下・維新の会が大阪府・市で何をしてきたのかという実像については、期待する側・反対する側とも、的確に把握できていないうらみがある。
 編者である鶴田廣巳・関西大教授(大阪自治体問題研究所理事長)は、同研究所に、「大阪発・地域再生プラン研究会」を立ち上げ、こうした橋下・維新の会の政策を検討してきた。その結果をとりまとめて、橋下・維新の会が目指す「改革」の実像を明らかにするために緊急に出版したのが本書である。

 鶴田教授は、大阪市が策定した「市政改革プラン」の反市民性と反人権性を暴露することを通じて、「大阪維新」の政治的本質が人権、地方自治、民主主義の危機にあると指摘する。
 この分析を受けて、「地方自治の危機」を鋭く指摘する森裕之・立命館大教授、中山徹・奈良女子大教授、城塚健之弁護士、初村尤而氏、柏原誠・大阪経済大准教授の論攷が続くが、橋下市長が府知事時代から実行してきた開発戦略を並べて、失敗を繰り返している事実を突きつける中山教授の論述には、私たち自身も「くるくる王子」と揶揄されつつも次々と新奇さを打ち出す橋下市長の手法に眩まされていたことを思い知らされずにはおれない。また、城塚弁護士は、職員基本条例に見られる職員管理支配や、公務員・公務員組合に対する執拗な攻撃の非民主性、反人権的な問題を浮き彫りにする。初村氏は、「市政改革プラン」に見られる関―平松市政との連続性を指摘し、橋下市長のトップダウンのもとで問題が深刻化することを懸念する。

 橋下・維新の会の「改革」の弱点が、基本的人権の尊重や、地方自治の本旨、民主政といった根本理念に反する点にある。本書のサブタイトルにもあるとおり、「人権・地方自治・民主主義の危機」に立つ中で、私たちがなすべきことは、愚直に、「人権・地方自治・民主主義」の価値を実践することにある。全国に波及しつつある「維新の会」あるいは「維新の会」的な政治勢力と対峙するためには、本書を読み、橋下・維新の会の実像を把握する必要があるといえる。

自治体研究社 2012年9月10日発行
定価 1575円(税込み)

本書ご注文は大阪自治体問題研究所へ TEL 06-6354-7220 FAX 06-6354-7228 

中国雲南省 麗江 シャングリラ紀行(第5回)

弁護士 福 山 孔市良

3 虎跳峡(コチョウキョウ)からシャングリラへ
 虎跳峡の見学を終えて、シャングリラに向けて出発したのが13時45分。109キロ約2時間の距離である。
 ちょうど1時間でイー族の村のある峠にさしかかる。ここは3,100メートルの地点で、この峠からは左手に哈巴雪山(5,396メートル)、右手に玉龍雪山がよく見える。この峠を少し下っていくと左手の山々にシャクナゲのピンクの花が咲き、山を美しい色に染めている。小休止して写真を撮りたかったが交通量が激しく、駐車するところがないということで車窓から眺めただけであった。結局この峠あたりのシャクナゲ群生が一番で、その後これだけのものは見ることができなかった。残念である。
 今日は天気もよいが、これまでは寒くて山では雪が積もり、高山は雪景色である。
 バスで走っていると、旗を飾っている家々を見ることができる。この旗は家族の中にラマ教の坊さんがいるしるしということである。1本は坊さんがいる、2本は偉い位の人がいる、3本は生仏と、旗の本数でラマ教の中の地位が違うということだ。
 チベット族のタンセツ村に下ってきたところでバスから降りて、道路わきを散策することになった。計画で山野草の咲く山道をハイキングすることになっていたはずが、車の通る車道のわきを歩くことになった。一体どうなっているのか分からないが、チベット族の家々を見ながら1時間程歩いた。こんなことなら先ほどのシャクナゲの咲く場所で休憩した方がましだと思ったが、どうしようもない。道端で女性の村人が、手織りの何かを織っているのに出会った。若い母親が4ヶ月の子どもを抱いているのを見ると、子どもの顔は白くてピンク色の美しさである。ガイドのエンさんは生まれてきた時は白いが、紫外線が強く、大きくなるにつれて黒くなってしまうのだと説明していた。16時にバスに乗って16 時45分、シャングリラの迪慶観光酒店に到着した。なかなか立派なホテルで、18時50分の集合時間まで少し寝ることにした。
 夕食の集合時間に少し遅れてしまう。ホテルのあるシャングリラの町は、3,282メートルの高さで寝ていても疲れてしまう。
 夕食はバスで数分の「観光酒店」という名のレストランに行く。
 主な夕食の内容を書いておくことにする。
 アヒルの丸焼き、キクラゲと豚肉炒め、鶏の炒め料理、トマトと卵、キノコ、ブロッコリー、菜の花のそれぞれ炒め料理、その他、ご飯、スープ、フルーツ。野菜炒め料理が多いので助かるが、炒め料理も毎日ではしんどくなってくる。
 夕食後、風呂に入ってすぐに寝てしまった。

4 香格里拉(シャングリラ)とは
(1) 私は数年前、日航機の機内誌の中で「シャングリラ彷徨―小説「失われた地平線」の人気と謎―」と題する佐藤朝泰という人の記事を見つけて、切り取って保存しておいた。シャングリラについては「地球の歩き方」にもきちんと紹介されているが、この機内誌の中の記事が一番参考になった。この記事を引用しながらシャングリラについて書いておくことにする。

(2) 私達が訪れているシャングリラの町は、少し前は中甸という地名で、少し古い雑誌や案内書は中甸(ジョンディエン)という名で紹介されている。ここは雲南省の西北端、迪慶チベット自治州の首府で、海抜は3,282メートルである。州内には4,000メートル以上の山が470もあり、この中で梅里雪山(カゴボ峰)は6,740メートルの未踏峰で、雲南省の最高峰である。

(3) シャングリラはイギリスのジェームス・ヒルトンが1933年に発表した小説「失われた地平線」(Last Horizon)で描いた理想郷の場所である。この小説は2011年9月、河出文庫から訳本が出ているので、わたしも帰国後読んでみた。
 佐藤朝泰の「シャングリラ彷徨」によれば「中甸県がシャングリラの研究に乗り出したのは1995年のこと」でシャングリラの地理的描写と中甸県とを比較研究したということである。
 「確かに四川省、チベット自治区、雲南省の境に位置する迪慶チベット自治州は、神秘的美しさや原始的自然が豊富で、そしてチベット族や納西(ナシ)族など九つの少数民族が、文化、宗教を異にしながら融和し、穏やかに生活を営んでいる民族風習など、小説に描かれた内容に酷似している」。また「自治州最大のチベット寺院、松賛林寺や梅里雪山など、未踏の険しい山岳など自然の城壁となり古くからのチベット文化と生活習慣が守られてきた」。
 しかし「決め手になったのは語源だという。シャングリラという言葉は、チベット仏教の経典にあるシャンバラ(円満の地の意)が語源であり、小説のシャングリラはその英語読みであるというのだ」
 こうして2002年5月、中甸を改め「香格里拉」県に改称して空港も香格里拉空港に変更された。
 その後、シャングリラ観光がブームになり、毎年新しいホテルがどんどん建築されている。
 
5 普達措(ブタツオ)国家公園でのハイキング
 今日は朝から普達措国家公園の中の属都湖、弥里塘、碧塔海でのハイキングである。
 ここは香格里拉から東に22キロ離れたところにあり、中国で最初の国立公園ということである。観光バスで公園入口まで行き、そこでシャトルバスに乗り換え、最初に着くのが属都湖である。
 この湖は標高3,500メートルの高山湖で、湖畔には約3キロにわたって木板を敷いた遊歩道があり、あとは湖畔に沿ったハイキング道がある。湖のまわりには草原が広がっており、ヤクが草を食べているのが見える。途中、リスが出てきたり、遠くの雪山が見られたりでのんびりしたハイキングである。今年は例年になく寒いためか、まだ高山植物は咲いておらず、紫の花、黄色の花が途中ところどころに咲いているが、初めて見る花か名前が分からない。
 シャトルバスが待っている所でハイキングは終わりで、シャトルバスで3,700メートルの弥里塘まできて、10分だけ下車して写真休憩。またバスで碧塔海まで来て、レストランで昼食になる。
 レストランでの昼食の内容は次のとおりである。
 パパイヤと鶏の蒸し煮、チベットの塩付豚肉、ヤクの肉の蒸し煮、レタス、キャベツ、ジャガイモ、キクラゲ、青菜の炒め料理、大根のスープなどでいつもお腹はいっぱいになる。九州組6人、大阪組6人ともにみんな元気でよく食べる。
 
6 松賛林寺訪問
 昼食後、ホテルの帰り道にある、丘陵地帯にある雲南省最大のチベット仏教寺院を訪れた。
 寺院の創建は明治末期( 17世紀初頭)だが、ダライ・ラマ5世の発願で、1679年から1681年に規模が拡大された。
 文化大革命の時破壊されたが、現在も再建が続けられている。
 雲南のポタラ宮とも呼ばれ、5階建てのチベット式の彫刻建築で、美しく壮大な姿である。ここも入場ゲートから寺院まで約1.5キロあり、シャトルバスで寺院そばまで来ることになる。
 下から見上げるとその大きさがよく分かるが、宮殿までは石の階段を100段以上登らねばならず、なかなかしんどいことである。堂内にいるお坊さんにお布施を出すと、木の実で作った数珠をくれることになっているので、みんなはいくらかずつお布施を出してもらっていた。シンプルないい数珠である。
 寺院全体はまだきちんと修復されておらず、雑然とした雰囲気で、大寺院として周囲を含めて整備されるのは、まだ先のように思えた。
 松賛林寺の見学を終えてホテルに帰り、夕食まで昼寝をする。
 夕食は昨晩と同じレストランで、内容もそれほど変化はない。
 夕食後8時からチベット族の家庭訪問をする。ここではバター茶、白酒、ヤクの焼肉が出されたが、既に夕食後であるのでそんなに食べられない。
 チベット衣装の男女が、歌や踊りを見せてくれる。男女ともすごく高い声で美しい。日頃聞いたことのない発声法で高地のためかチベット族の声がよいのか、びっくりした。
 9時過ぎまでいて帰る。風呂に入ってすぐ寝てしまった。
           

 (つづく)