お知らせ

派遣法大改悪に反対の声を 国会議員に届けてください!

2014年11月05日

派遣法改悪法案は、安倍首相が10月28日衆議院本会議で趣旨説明を行い、11月5日衆議院厚生労働委員会での審議に入りました。 与党は、11月7日衆院厚生労働委員会で安倍首相出席の総括質疑を行い、翌週中にも衆院通過を狙っています。 直接雇用の大原則を踏みにじる、戦後労働法の大転換ともいうべき、このような大改悪を、わずかな審議だけで通してしまうことは、もはや立法府としての責任放棄とさえ言える...

本日! 10/7 STOP!! 「残業代ゼロ」 在阪法律家8団体共催集会

2014年10月07日

■日時:2014年10月7日(火)18:30~20:30 ■会場:エル・シアター(大阪府立労働センター大ホール) ■内容: ①最新の情勢報告~労政審での検討状況は? 報告:高木太郎さん(日本労働弁護団幹事長・弁護士) ②基調講演「『新たな労働時間制度』の嘘の皮を剥ぐ!」講師:森岡孝二さん(関西大学名誉教授・大阪過労死問題連絡会会長) ③現場からの実態告発リレートーク ・ブラック企業で働...

集団的自衛権行使を容認する閣議決定を許さない会長声明

2014年06月30日

 日本国憲法第9条は、「武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する」と定めている。この日本国憲法が制定されて以来、歴代政権は、一貫して、集団的自衛権の行使は、日本国憲法第9条によって禁じられていると解釈してきた。  ところが、安倍内閣は、閣議決定によってこの憲法解釈を変更し、集団的自衛権の行使を容認しようとしている。  そもそも憲法は国家権力を...

西谷敏さん講演録「労働法はどこへ――全面的規制緩和攻勢と労働法の危機」(2014年2月8日)

2014年権利討論集会記念講演(2014年2月8日) 労働法はどこへ――全面的規制緩和攻勢と労働法の危機 西 谷  敏 大阪市立大学名誉教授 はじめに きょう私が話したいと思っておりますのは表題に書いてある通りで、「労働法はどこにいってしまうのか、この規制緩和で労働法はどうなるのか」という問題です。 今年、同業者である労働法研究者からもらった年賀状では、異口同音に、労働法はどうなってしま...

5/10 「ブラック派遣・ブラックバイト」 ホットラインを実施します

2014年04月16日

■日時:2014年5月10日(土)13時~22時 ■相談電話番号:06-6361-8624 ■主催:民法協派遣労働研究会 ■■■ ・休みがない!  ・休憩時間が十分とれない!  ・勤務開始前に聞いていた条件と違う! このようなブラックな職場で働かされていませんか? ・ずっと派遣で働いているけど正社員にはなれないのかな? ・派遣で働いているけど来月で契約打切りと言わ...

4.14 在阪法律家8団体共同開催 「STOP!!派遣法の大改悪」

2014年03月01日

「世界で一番働きにくい国」に! 3年でクビ? 生涯ハケン? 正社員ゼロ? STOP!! 派遣法の大改悪! ■2014年4月14日(月)18:30~ @エル・シアター(エルおおさか 大ホール 800名) ■講演 「安倍政権が狙う派遣法大改悪の正体を暴く(仮)」 萬井隆令さん(龍谷大学名誉教授) ■報告 「国会情勢について」 棗一郎さん(...

2014年権利討論集会4本の決議を掲載

2014年02月13日

自民党と安倍内閣の憲法を破壊する策動に反対する決議 安倍内閣による全面的な労働法規制緩和に反対する決議 団結権と政治活動の自由を否定する大阪府・大阪市条例の撤回を求める決議 泉南アスベスト国賠訴訟の大阪高裁判決に対する国の上告に抗議し早期解決を求める決議

特定秘密保護法の強行可決に抗議し、その施行を許さず、廃止を求める声明

 本年12月6日に成立した特定秘密保護法は、民主主義と基本的人権を破壊する憲法違反の法律であり、このような法律を世論の強い反対にもかかわらず強行可決した政府・与党に強い抗議を表明する。  特定秘密保護法は、幾重にも憲法に違反する、違憲無効の法律である。  同法は、政府が一方的に「特定秘密」を決め、それが漏れることを防ぐために、それを他に伝えたり、公表することを禁止し、違反した者には最高...

不安定雇用を温存する「研究開発力強化法案」に断固反対し、直ちに白紙撤回することを求める声明

2013年11月29日

 去る27日、大学等に有期労働契約で雇われている教員や研究者、技術者について、無期契約に転換する期間を5年と定める改正労働契約法18条を10年に先延ばしすること等を内容とする「研究開発力強化法」等の改正案(以下、「法案」という。)が、与党議員によって国会に提案された。報道によれば、法案は、28日から実質審議が始められ、与党は会期末である12月6日までに衆参両院で可決・成立を目指しているとされている...

「生活と健康を守る会」への違法な捜索差押に強く抗議し、強制捜査権を濫用した政治的弾圧を直ちに中止することを求める声明

2013年10月23日

 2013年10月10日、全国生活と健康を守る会連合会(全生連)・全大阪生活と健康を守る会連合会(大生連)・淀川生活と健康を守る会(淀川生健会)の各事務所が大阪府警による捜索を受け、大生連の定期大会資料や全生連発行の機関紙等が押収された。大阪府警は、本年9月12日にも大生連・淀川生健会の事務所を捜索している。  日本国憲法35条は、何人にも、その住居、書類、及び所持品について、侵入、捜索及び...